大好きなな長崎ちゃんぽんグルメ、観光、ファッション情報を発信します

2015年09月14日

米中高官がサイバー問題で議論 首脳会談控え特使訪米

米ホワイトハウスは12日、中国共産党の治安・司法部門のトップ、孟建柱政法委員会書記が、サイバー問題などに関する習近平国家主席の特使として訪米し、ワシントンで米政府高官らと同日まで4日間にわたり相次いで会談したと発表した。

 国賓として訪米する習氏と、オバマ大統領との米中首脳会談を今月下旬に控え、両国が対立を深めるサイバー分野を中心に議論した。

 中国によるサイバー攻撃についてはオバマ氏が「容認できない」として首脳会談で取り上げる方針を11日に表明したばかり。一連の高官協議では米側がちらつかせている対中経済制裁の行方などを含め、双方が突っ込んだ意見調整をした可能性もある。

 ホワイトハウスによると、ジョンソン国土安全保障長官は、国務、財務、司法の各省と米連邦捜査局(FBI)、情報機関の代表者らが出席する中国側代表団との会議を主催した。

 孟氏はコミーFBI長官、ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とも個別に会談。ライス氏はサイバー問題について「率直でオープンな」議論をしたとしている。

 新華社電によると孟氏は「インターネットの安全に対する脅威が高まる中、双方の協力強化が重要だ」と指摘した。


この記事へのコメント
実際、中国はアメリカの為に役に立たない国家だと思う。
隣国を武力恫喝、地球環境問題の公害、サイバー攻撃など、定期的北朝鮮危機を自導自演し仲介に入るそぶりを見せただ面子を保とうとしているみっともない国。貿易は黒字ばかりで貿易収支不均衡は解消にしないまま、結果、アメリカの足を引っ張ることには最大の成果が出ている。アメリカも自分の国益のためにちょっと距離をおく方がいいんじゃないの?中国との対話は時間の無駄。
Posted by 信府参議 at 2015年09月17日 21:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。