大好きなな長崎ちゃんぽんグルメ、観光、ファッション情報を発信します

2017年11月22日

フラワーグルーデコのお稽古サロン

ラグジュアリーなスワロフスキーとWグルーを使った世界で一つだけの手作りアクセサリーと、フラワーのレッスンができ
るお稽古サロン。どちらも資格取得コースがあり、趣味だけでなく本格的に学びたい人にも最適。物作りをしていると日常
から離れられ、自分のためだけの賛沢な時間を過ごすことができます。広々とした空間に足を運び、まずは、体験コースから始
めてみてはいかがでしょう?

小岩教室は、開放感のある空問で天気の良い日には富士山が見えることも。人気上昇中のグルーデコ。
短時間で手作りアクセサリーが作れます。アクセサリー、フラワー共に2つの協会の講師資格を取得可能。様々な角度
で指導してくれます。
  


Posted by sara at 16:17 Comments(0)

2017年08月24日

皇后さま、視覚障害者に心寄せ続け

東京・高田馬場駅のほど近く。車がやっと通れるような場所に、日本点字図書館があります。
7月1日、この建物を、皇后さまが訪れました。ご自身が長く支援してきた「点字楽譜利用連絡会」(点譜連)の集いに出席するためでした。
点譜連は、視覚障害者が音楽を演奏するための「点字楽譜」の普及に努めています。

点字楽譜は五線を使わず、音の高さや長さ、指づかいなどを六つの点の組み合わせで示すものです。
しかし、点譜連の代表・和波孝禧(たかよし)さんによると、出版されている点字楽譜は非常に少なく、
「個々のユーザーが有料、あるいは無料の点訳サービスに依頼して点字楽譜の提供を受けなければならないのが実情」といいます。
欧米など外国の場合、点字図書館などがそれらのサービスの相談を受けているようですが、
日本では楽譜点訳をボランティア団体に委ねているのが現状だそうです。  


Posted by sara at 18:12 Comments(0)

2017年07月22日

NASA、地球サイズで生命期待の惑星候補を10個発見

NASAは2017年6月19日(現地時間)、ケプラー宇宙望遠鏡によって系外惑星候補を新たに219個発見したと発表しました。さらに、そのうちの10個は地球サイズで生命の存在の可能性がある惑星(ハビタブル惑星)となっています。
 
今回の観測データの発表により、ケプラーは合計で4,034個の惑星候補を発見し、そのうちの2,335個は系外惑星として追って確認されました。また、このような地球サイズかつハビタルブな惑星もこれまで約50個発見し、そのうち30個が確認されています。
 
なお、ハビタブル惑星とは恒星から遠すぎず近すぎず、水が液体として存在しうる惑星のことです。このような惑星では、生命の存在の可能性が期待できます。

さらに、NASAの研究者はこれまでのさまざまな観測で発見された系外惑星の分類も発表。上の図では、たとえばオレンジ色の「Rocky Planets」は岩石からできた地球型の惑星に相当します。研究者は今後、恒星からより遠くを周回する小さな惑星の研究を「フロンティア」として、調査を進める予定です。
 
NASAの発表によれば、ケプラーは惑星だと確認された惑星候補の80%を観測しています。同宇宙望遠鏡は2009年の打ち上げから2013年までは最初のミッションを行い、現在は「K2ミッション」を実施中です。また2018年には「トランジット系外惑星探索衛星(TESS)」が打ち上げられ、さらなる系外惑星の調査が行われます。  


Posted by sara at 11:54 Comments(0)

2017年06月22日

結婚後に後悔することが多い事実をご存じですか

こんなタイプの人と結婚して、こんな家に住んで、食卓にはこういうお料理を、と。まさに絵に描いたような幸せな生活。でも、現実は夢のようにはいきません。結婚願望が強すぎると、結婚後に後悔することが多い事実をご存じですか。

その理由は、この理想の像に自分や相手を当てはめようとするからです。現実を直視しないで理想を求めようとするからです。これでは、いつまでたってもその手に幸せはつかめません。では、どうしたらいいか?


  


Posted by sara at 11:43 Comments(0)

2017年05月22日

あいさつを交わす人たちのほうが例外的だ

現在のように核家族化が進み、主婦も忙しく立ち働いていると、近所の人と話をするひまもない。都会の大規模なマンションに住んでいると、近所の人のこともまったく知らない。隣の人についてさえ、何をしているかわからない場合が多い。

人々のライフスタイルが画一的でないことも、このような傾向に拍車をかけている。隣の人と顔を合わせたこともないという例も、それほど珍しくはない。会ったときに、あいさつを交わす人たちのほうが例外的だ。

  


Posted by sara at 11:51 Comments(0)