大好きなな長崎ちゃんぽんグルメ、観光、ファッション情報を発信します

2018年08月30日

山縣良和ら50人が参加、ファッションイラストレーション展開催

ファッションイラストレーションの作品展「コンテンポラリー・シック 50人が描くファッション・イラストレーションの最前線」が、阪急うめだ本店で開催される。会期は9月5日から10日まで。


同展では田名網敬一や山口はるみ、ヨシロットン(Yoshirotten)、「リトゥンアフターワーズ(Writtenafterwards)」の山縣良和など有名作家から新人まで50人の作品を展示。クリエイターとしても参加している高橋キンタローと伊藤桂司がキュレーションを手掛ける。会期中は出展クリエイターによるライブペインティングやインスタレーションなどのイベントを開催予定だ。  


Posted by sara at 16:16 Comments(0)

2018年03月30日

少しずつだが確実に実行できるようになると思う


 あなたが母親なら、丸々一日休みをとって、家と子供から離れる。ここにあげたすべてのことを一度にしようとすると、それ自体負担になる恐れもある。しかし、このリストを忘れないようにどこかに貼っておけば、少しずつだが確実に実行できるようになると思う。

 意識して女らしさを大切にしてやらないと、いまの女性はとうしても男性的になってしまい、知らず知らずのうちに、パートナーとの関係を壊してしまうだけでなく、自分の女らしさまで駄目にしてしまう。  


Posted by sara at 10:48 Comments(0)

2018年02月28日

ジーンズ1本のためにバクテリア数リットル

 研究者らは「染色工場の多くは、排水処理費を回避するために使用済み染料物質を河川に廃棄しており、環境に悪影響を与えている」と指摘する。

 新たな技法は日本の植物アイ(学名:Persicaria tinctoria)の作用を模倣したものだ。

 論文の共著者でカリフォルニア大学(University of California)生体工学部のジョン・デューバー(John Dueber)氏は、植物の代わりに「われわれの腸内バクテリアである大腸菌の一般的な実験室株を操作してインディゴ染料を生産する化学工場にした」と語った。

 植物のアイと同様にそのバクテリアは不溶性で染料としては使用できないインドキシルという化合物を生成する。インドキシルに糖分子を加えるとインディゴの前駆体であるインジカンに変わるのだ。

 インジカンは保存がきき、染料時に酵素を加えると布上で直接インディゴに変わる。

 デューバー氏によると、研究室はこの工程の商利用を可能にするため研究中だ。現時点では、ジーンズ1本を染めるのに必要なインディゴ5グラムの生産には「数リットルのバクテリア」が必要で、現状より高価になるとしている。  


Posted by sara at 12:10 Comments(0)

2017年12月23日

ちょっとねじりを。これでこなれ度が加速

仕上げに三つ編みのスタートライン、最初にね
じった毛束を交差した部分を指でつまんで弓!き出
します。これでよりニュアンスが。サイドでねじった毛束を交差させてから三つ縄みをはじめます。三つ編みの終わりはレイヤーが入
っていないところまでを目安に。顔まわりの後れ毛を残して、髪を手ぐしで3つに
分けます。その後、サイドの毛束をそれぞれねじります。ここが一番のボイント!

大人っぽく三つ編みをするときは、そのまま
ではなくひと手間加えること。そうすることで、
色っぽ<て洗練された三つ編みが完成します。

アイメークがさらっとしている分、口紅は主張のある赤を。唇の中
央を強めに塗って、ぼってりとした唇にして女度を上げて。
ラズべリーのような赤が色っぼい。ルージュ・アンテルディ・テンブテ
ーションNo.12¥4,000(}ル7ァムジノくンシイ)
  


Posted by sara at 18:59 Comments(0)

2017年11月22日

フラワーグルーデコのお稽古サロン

ラグジュアリーなスワロフスキーとWグルーを使った世界で一つだけの手作りアクセサリーと、フラワーのレッスンができ
るお稽古サロン。どちらも資格取得コースがあり、趣味だけでなく本格的に学びたい人にも最適。物作りをしていると日常
から離れられ、自分のためだけの賛沢な時間を過ごすことができます。広々とした空間に足を運び、まずは、体験コースから始
めてみてはいかがでしょう?

小岩教室は、開放感のある空問で天気の良い日には富士山が見えることも。人気上昇中のグルーデコ。
短時間で手作りアクセサリーが作れます。アクセサリー、フラワー共に2つの協会の講師資格を取得可能。様々な角度
で指導してくれます。
  


Posted by sara at 16:17 Comments(0)